読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラゴンクエスト30周年記念プレイ

ということで、スーパーファミコン版のドラクエ1をやってみた。

発売時にプレイして以来だから実に23年ぶり。

大学生が一人誕生してしまう時の流れに軽い戦慄を覚える。

 

 

勇者の名前はアルス(なぜか公式名と記憶)。

王様の話をスルーしてそそくさとラダトーム城外ヘ。

実は速解きを目指しているのである。

最近になって存在を知ったRTA(Real Time Atack)によると

大体1時間30分前後でクリアできるとのこと。

 

・・・

マジで!?

 

23年前の記憶と最近見たRTA動画の記憶がプレイの頼み。

(・・なんか「たけざお」買って「たいまつ」買い込んで東に向かってたな)

とりあえず東へ

道中現れる「おおさそり」にたいまつを投げつける!

(たいまつが戦闘中に使えることを動画で始めて知った)

序盤で2桁経験値の16!!

もうね、スライムなんかちまちま倒してられませんよ。

レベル4まであっという間に上昇。

楽勝。楽勝。・・・あれ?

 

マイラに到着するも何をしたらいいかわからない。

とりあえず「ようせいのふえ」を取る。

RTA動画の記憶はここまで。

あとは23年前の記憶でなんとかしよう。

 

ここでゴールから記憶を逆算する。

りゅうおうの城に行くには?

→「にじのしずく」が必要

にじのしずくはどうやって取る?

→「あめのなんたら」と「たいようのいし」を合体させる。

上記2つのアイテムはどこにある?

→「たいようのいし」はラダトーム 「あめのなんたら」は・・・どこ?

 

結局、「たいようのいし」を取るためにラダトームに戻るハメに。

・・・やっぱ村人の話をちゃんと聞こう・・・

 

つづく