読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラゴンクエスト30周年記念プレイ その2

ラダトームで聞き込み。

王様の部屋にいる兵士からのありがたいおことば。

「ひとびとの話には よく

耳を かたむけることです。

きっと 役に立つでしょう。」

 

 

・・・はい。

北西にガライの町があるとのこと。

北西に町なんかあったっけ?

そう、なまじドラクエ3のアレフガルドの地図が頭に残っているため

ドラクエ1との違いが分からないのだ。

 

とりあえず北西へ。

町に入ると意味ありげな扉。

入ろうとするも「かぎ」がない!!

ガライでも売ってないし、ラダトームにも売ってない。

とするとマイラか?

 

マイラに徒歩で移動。

・・売ってない!

しかしリムルダールにカギ屋があるとのタレコミ。

南へ。

 

洞窟を抜けて

リムルダールへあと1歩というところでリカントの急襲。

初めての全滅。

(´Д`)ハァ…

RTAとはいったい・・・

 

というわけで3分かけてリムルダールに到着。

町外れのカギ屋でカギを買い込む。

1個16G也。

どうやら6個まで持てるよう。

ドラクエ1は所持できるアイテム欄が狭いためアイテム管理が大変。

 

ラダトームヘ。

さっそくカギを使いお宝漁り。

城のカギを使った先にカギ屋があった・・

1個24G. ボッタクリである。

カギを1個消費させてカギを買わせるというユーザーフレンドリーをいっさい無視した

ファミコン初期ならではのイヤラシイ仕様に軽く感動・・そして怒り。

 

城の外れにある太陽の石も忘れずにGET。

せっかくセーブできる場所にいるのだからこれまで収集してきた各種たねを吟味。

リセマラである。

たねの最大値が出るまでリセット、リセット、リセット・・・

5分後、結構強化されたキャラにご満悦。

ドラクエ1はタイマンなので勇者のステータスが超重要。

 

再びガライヘ。

カギを使ってガライの墓に侵入。

 

つづく