読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラゴンクエスト30周年記念プレイ 最終回

いざ、りゅうおうへ。

しかし、しにがみのきしが立ちはだかる。

ベギラマ→ベホイミ→ベギラマ→ベホイミ→ベギラマ→ベホイミ→・・・

キーーーーーーーーッ!!!

なんじゃこりゃあああああああ

ラスボス目前にしてストレスMAX

しかもこの最深部フロアやたらとしにがみのきしが出る。

体感出現率は95%

MPをガリガリ削られながらりゅうおうの下へ到着。

 

 

りゅうおう曰く「世界の半分やるから手打ちといこうや」

破格の条件である。

いまだかつて勇者を懐柔してくる魔王がいただろうか。

しかも選択肢のカーソルの位置が「はい」がデフォなので迂闊にAボタンを連打していると世界の半分をいただ罠にはまるといういやらしい仕様。

りゅうおうの提案を丁重にお断りしてラストバトル開始。

 

ベギラマ→ベホイミ→ベギラマ→ベホイミ→ベギラマ→ベホイミ→・・・

おい!

しにがみのきしと一緒やんけ!!

おまけにラリホーまで撃ってくるし。

(タイマンバトルの1で一番怖い呪文はラリホーだと思う。

平気で数ターン寝たあげくの全滅が多い)

またしてもMPをゴリゴリ削られながら第一形態を撃破。

残りHP48。

 

りゅうおうが変身して真の姿に。

でっかい紫のドラゴン。

正真正銘のラストバトルの開始。

初手りゅうおう。

りゅうおうのはげしいほのお

被ダメ52。

瞬 殺

 

ベホイミ使う間もなくやられる。

強すぎだろ。

第一形態をHP60以上残して倒さないといかんな。

よっしゃリベンジや!

 

2戦目。

道中の雑魚狩りによりレベルは19。

ベギラマを修得するも使い道なし。悲しい。

1戦目の反省を生かし、残りHP100で第一形態を撃破。

第2形態戦。

初手にはげしいほのお。

残りHP48

いくなんでも2連続はげしいほのおはないだろ~

こちらからも一発お見舞いじゃ!

ロトのつるぎで攻撃。

次ターンりゅうおうが先行。

はげしいほのお

被ダメ56。

 

・・

・・・.

・・・・

おいいいいいいいいいい!!!!

なんだよ!

はげしいほのお2連発て!!

おかしいだろおおおおおおおお!!!!!!

 

・・・ハァハァ。

 

どうする3戦目いくか?それともレベル上げるか?

レベル上げといったら例のドラゴン・・・

そういえば姫救出いたままりゅうおう倒したらどうなるんだろう?

 

例のドラゴンを倒しレベル20に。

ローラ姫を救出「ぽっ・・・」

お姫様だっこのままりゅうおうの城へは向かわずリムルダールのホテルへ。

フロント「ゆうべはお楽しみでしたね(ゲス顔)」

 

いろいろスッキリしたところでりゅうおうと再会。

わざわざ姫を連れてきた事に感謝される。

まぁ、こっちはもう楽しんだけどね。

 

愛憎溢れるラストバトル。

第一形態はもはや余裕。

第二形態戦ははげしいほのお+打撃が2回先行されてもギリギリ耐えられる

HP90を維持。

これではげしいほのおの2回連続先行が来ない限り勝てるはず。

ロトのつるぎをペチペチ当ててベホイミで回復の繰り返し。

 

勝った。 

 

 

・・・

ラダトームへルーラ。

王様から国の統治を打診されるも、「自分の治める国は自分で探す!」

とお断り。

何気に主人公の最初で最後のセリフである。

国探しの旅路に出ようするとローラ姫がお供したいとの申し出。

もちろん「はい」を選択。

これからは毎晩お楽しみじゃあああああ

・・・そして2へ。

 

 

 

と、やっとこさクリアできた。

当初のRTA予定はどこへやら結局6時間弱かかるハメに。

クリアしてみるとかなりボリュームが少なかった事に気づく。

子供の頃は結構長く感じたんだけどな~

大人になると時間の感じ方が変わるのかな。

 

まぁ、進行順をきちんと覚えとけば大概の人が2時間弱でクリアできるはず。

休日にサクッとプレイしてみてはいかが。